利用者:Chirimen/Mod/paths.xml

提供: MTM-Gaming
移動先:案内検索

概要

paths.xml は WoT のインストールフォルダに置かれているファイルで、 Mod の動作と深く関わっています。

paths.xml の中身

paths.xml は WoT クライアントのリソース検索順序を指定するファイルです。 通常のテキスト形式の XML ファイルなのでテキストエディタで中身を見ることができます。

例えば WoT 0.9.16 の paths.xml の一部を抜粋すると以下のようになります。

<root>
  <Paths>
    <Path>./res_mods/0.9.16</Path>
    <Path type="sd,hd">./res/packages/shared_content.pkg</Path>
    <Path type="hd">./res/packages/shared_content_hd.pkg</Path>
    (略)
    <Path>./res</Path>
    <Path>./res_bw</Path>
  </Paths>
</root>

ここで XML 要素 Path で指定しているのがリソースの検索パスになります。 この例では先頭が ./res_mods/0.9.16 で始まり、その後に多くの拡張子が .pkg のファイル、 そして最後に ./res と ./res_bw です。 パスの先頭にあるドット "." はカレントフォルダ、つまり WoT のインストールフォルダを指します。

リソースの検索

WoT の画像やサウンドファイル、スクリプトなどは基本的にリソースとして、 paths.xml で指定されたフォルダの順に検索されます。

例えば WoT クライアントが gui/flash/fontconfig.xml を読み込もうとしたとき、 最初に ./res_mods/0.9.16/gui/flash/fontconfig.xml があるかどうかを調べ、 なければ次の ./res/packages/shared_content.pkg の中 (.pkg は zip でパッケージされたファイルです) といったように順に探していき、 ./res/gui/flash/fontconfig.xml を見つけてそれを読み込みます。

途中のフォルダや .pkg の中に fontconfig.xml を見つけるとその後は探しません。

このように、追加のリソースをオリジナルと同じ名前で ./res_mods/XXX 以下に置くと (XXX は WoT クライアントのバージョン)、 オリジナルのファイルを削除せずにリソースを置き換えることができます。

WoT の Mod はこの仕組みを利用して動作しています。